物流倉庫建築・工場建築

懸樋システム建築で工場建設・配送センターを低コスト・短納期で実現

懸樋工務店が提案する「システム建築」の特徴とメリット

800m²以下の建築(工場・倉庫)をご検討の方

2階建て・800㎡以上の建築(工場・倉庫)をご検討の方

事例紹介

懸樋工務店が提案する「システム建築」の特徴とメリット

ホーム > 懸樋工務店が提案する「システム建築」の特徴とメリット

懸樋工務店が建築する物流センター・工場・倉庫・店舗は、なにが優れているのか?

物流センターや工場・倉庫・店舗の建物構造は、比較的複雑でないものが多く、建築するだけならほとんどの建設会社でも対応が可能です。しかし設計や建設にあたって『働く建物』として、いろいろ細やかなノウハウが盛り込まれた建物とそうでない建物では、数年後の状態に大きな変化が出てきます。

後から「やっておけばよかったな」ということを事前に、ご提案できるのも懸樋工務店の特徴の一つで、これまで設計や建設で多くの業種のお客様のノウハウを学びました。その結果携わった多くの建物はご利用いただいているお客様から高評価を得ています。

懸樋工務店ではそれらの細やかなノウハウのほかに、幅広いお客様の幅広いご要望にお応えするため、システム建築のトップメーカーの横河システム建築と住金システム建築と提携し様々な用途の建物や規模の建物をご提案、ご提供できます。

懸樋工務店のコンセプトは『お客様が大切にされているものを大切にして、本当にお役立てできるものを提供する』ことです。

建物は、建築するだけじゃなく、それがお役に立って長持ちすることが大切です。

システム建築とは?

システム建築とは、建物を構成する鉄骨や屋根、外壁、建具、基礎などの各部材を徹底的に標準化、軽量化し、建築生産プロセスをシステム化した工業化された建築です。その目的は『ローコスト』『高品質』『短工期』『大空間』です。

対象となる建物は平屋から6階までの鉄骨構造の建物で、特に工場・倉庫・物流センター・店舗・産業廃棄物処理施設などのフレキシブルなスペースや大空間が必要な建物に最適です。

ある一定の制限はありますがオーダーメイド感覚の自由設計でフレキシブルに対応可能です。

ローコスト

懸樋工務店がご提案するシステム建築の建物は、在来鉄骨工法の建物と比べて、最大で鉄骨使用量を約40%軽量化し、部材も徹底的に標準化し、無駄を省いているため『ローコスト』となっています。

システム建築の建物は在来工法の鉄骨建物より軽量のため、地盤への影響も少なく基礎も省力化でき、杭も建物の規模や地盤によって不要となります。

高品質

懸樋工務店がご提案するシステム建築は、国が指定する最高峰の建築技術の評価機関(財)日本建築センターの評定を取得した安心と信頼の『高品質』な建物です。

このシステムで建てられた建物は、北海道から沖縄まで全国で5,000棟以上、面積は600万㎡にも達し、毎年60万㎡以上増えています。 軽量鉄骨を使用したプレハブ建築ではありません。

短工期

システム建築は部材を標準化しているため、使用する材料を事前に準備、ストックしておくことが可能となり材料の手配、製作など時間のロスがありません。

さらに現場での生産システムも標準化されているので、現場施工においても時間短縮ができトータルとして従来より約20%の『短工期』が可能です。

大空間

最大幅で無柱スパン60m、長さは最大120mの『大空間』が可能となっています。 工場や倉庫・物流センター・店舗など、目的に応じて工場のラインや店舗のレイアウトが自由自在になります。